遺産相続手続き・遺言書作成、内容証明郵便の作成代行、帰化許可申請書類作成の相談所

遺言・相続,成年後見の相談所 TOP横浜 行政書士ブログ > 2010年3月

« 2010年2月| メイン | 2010年4月 »

2010年3月 アーカイブ

305リットル! これって何の数字

305㍑

 1人が1日に使う生活用水(工業・農業用を除く)の

平均量(2006年度)です。

水洗トイレの普及などで増加傾向だったが、

1997年度をピークに節水型トイレ・洗濯機の普及、

節水意識の向上で減少に転じた。

 東京都によると、水を流しっぱなしにせず、

コップにくんで歯磨きすれば約5㍑、

風呂の残り湯の再利用で約90㍑の節水になる。

            (東京都調べ)

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月 1日 09:06 | | コメント (0) | トラックバック (0)

銀行窓口の対応 3行それぞれ(2)

以前、相続手続についての

各銀行の対応について書きましたが、

その続きです。

 

Y銀行では、委任状ではなく相続人の印鑑を押印して

取引のあった支店において手続をするように。

このとおり、解約手続を請求したところ、

約1週間で終了しますといわれました。

しかし、その翌々日には解約手続が終わり、

指定の口座に振り込んだとの連絡をいただきました。

すばやい対応がありがたかったです。

 

M銀行では委任状を持参して依頼の後に、

相続人関係確認のうえ、「相続手続書類」を出してほしいとの説明。

この銀行は手続終了まで約2週間かかるとのことでしたが、

以来後1週間で完了させてくれました。

 

MB銀行では委任状と「相続手続書類」を同時に提出すればよい。

3行のみですから、他の銀行のことはわかりませんが、

こんなことでもそれぞれ考え方が異なることがわかりました。

この銀行は、指定の方法とおりの手続をお願いしたところ、

相続人特定のために提出した戸籍謄本の調査に1週間かかるとのことでした。

1週間後に電話があり、

被相続人の相祖父母の死亡まで確認できるような

戸籍謄本が必要といわれました。

念には念を入れろということでしょうか。

口論しても仕方がないので言うとおりにしようと思います。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月 5日 09:15 | | コメント (0) | トラックバック (0)

報酬を過大請求 弁護士懲戒処分 業務停止4ヶ月

 弁護士報酬を過大に請求したとして、

愛知県弁護士会は6日、

弁護士法に基づき、同会所属の深見章弁護士(66)を

業務停止4ヶ月の懲戒処分にしたと発表した。処分は2日付。

発表によると、深見弁護士は2004年8月、

強制わいせつの容疑で逮捕された男の父親から弁護依頼を受け、

1時間5万円の報酬で契約。

約440時間かかったとして同年8月から05年6月の間、

5回に分けて2192万5000円を受け取った。

弁護をした男は、控訴審で執行猶予付き判決を受け、確定した。

弁護士報酬について、具体的に金額を定めた規定はないが、

同会では、特に難解な事件でもなく、「300万円程度が適正報酬。

あまりにも高額で、適正な職務遂行を定めた弁護士法に違反する。」

などとしている。

深見弁護士は08年にも、

婚約解消訴訟で過大な弁護士報酬を受け取ったとして、

業務停止1ヶ月の業務停止処分を受けている。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月 8日 07:28 | | コメント (0) | トラックバック (0)

236件! これって何の数字

236件

周波数が低く、聞こえにくい低音周波音が

体調不良などの原因だとして、

2008年度に自治体に寄せられた苦情件数です。

頭痛やめまい、不眠などを訴えるケースが多い。

発生源は工作機械やボイラー、室外機などだが、

感じ方に個人差があり、因果関係の解明が進んでいない。

風力発電の周辺からの苦情もあり、

環境省が調査に乗り出す。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月 8日 11:30 | | コメント (0) | トラックバック (0)

53%!これって何の数字

53%

植物プランクトンの増殖で水質汚染が進むおそれのあるとされる

湖沼の観測点181ヵ所のうち、

水質基準を達成した割合(2008年度)です。

過去30年間ほぼ横ばい。

湖沼は水が滞るため、浄化されにくい。

2000年まで25年以上ワースト1位だった手賀沼(千葉県)は

水循環を促す浄化事業などで改善し、

今回はワースト8位となっている。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月15日 09:03 | | コメント (0) | トラックバック (0)

ガムのポイ捨て ソウルで罰金 G20前に美化方針

11月に主要20カ国・地域(G20)首脳会議を開くソウル市は

4月から、都市の美観向上策の一環で、

ガムのポイ捨てに3万~5万ウォン(約2400~4200円)の

罰金を科す方針を決めた。

聯合ニュースなどによると、

従来の規則にはポイ捨て禁止対象として

「タバコの吸殻やごみ」との規定しかなく、

ガムの扱いがあいまいだったため、

取り締まり対象として明文化する。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月23日 09:09 | | コメント (0) | トラックバック (0)

59万6186枚! これって何の数字

59万6186枚

 

東京23区で家庭から捨てられた布団の枚数(2008年度)。

粗大ごみの中で捨てられる数は布団が最も多く、

統計のある00年度から9年連続1位。

住宅の収納部が少ない都市部はどこも同じ傾向と見られる。

羽毛や化繊の布団、安価な輸入品が増え、

綿布団の綿を打ちなおして使う習慣が衰えたことも

廃棄が増えた一因。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2010年3月29日 09:09 | | コメント (0) | トラックバック (0)

このページの上へ

記事検索

 

アーカイブ

士業ねっと!動画配信中 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 無料メール相談

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム お問合せフォーム

購読する このブログを購読