遺産相続手続き・遺言書作成、内容証明郵便の作成代行、帰化許可申請書類作成の相談所

遺言・相続,成年後見の相談所 TOP横浜 行政書士ブログ > 2011年1月

« 2010年12月| メイン | 2011年2月 »

2011年1月 アーカイブ

内容証明を出したが払ってくれない、次はどうする?

工事請負代金が滞っているので、

再三督促の電話をしても払ってくれないため、

内容証明郵便を送ったが

相手方は「払う金がない。無いものは払えない。」

と開き直って効果がなかった。

次はどうしたらよいか。

このような場合、相手は債務を認めているので、

「支払督促」手続きに進むことをお勧めします。

これは、相手方の住所地を管轄する簡易裁判所に申し立てるわけですが、

手続きはご自分でできますし、費用も少なくて済みます。

この支払督促によっても、相手が支払わなく、

また異議を申立てなければ、次は「強制執行」の手続が取れます。

ただし相手が異議を申立てた場合は、

その金額により、

地方裁判所あるいは簡易裁判所における裁判へと進みます。

 

 

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月 6日 09:24 | | コメント (0) | トラックバック (0)

家の建築中に親が死亡したら

住居を建築中に親が死亡し、

建築中の家屋を相続した場合

その建築中の家屋の評価はどうなるのでしょうか。

 

この場合費用現価の70%での評価となります。

相続開始時までに支出した建築資材費や工賃などを、

その時点での価格で算出したものが費用現価ですが、

この費用現価は建築業者に算出してもらいます。

 

 

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月11日 07:27 | | コメント (0) | トラックバック (0)

13.2%! これって何の数字

13.2%

昨年の大学受験の合格発表に、

受験生本人が訪れた割合。

インターネットでの発表が広がり、

訪れる人は年々減っているという。

(全国大学生活協同組合連合会調べ)

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月17日 08:03 | | コメント (0) | トラックバック (0)

家電エコポイント予算足りそう

経済産業省は17日、

家電エコポイントの昨年末時点の

利用状況を発表した。

2009年5月の制度開始からの

発行ポイント総額は4611億円で、

家電エコポイント予算(6929億円)の67%を消化した。

経産省は

家電エコポイント制度が終わる3月末までに

「予算が不足することはないだろう」とみている。

予算が底をつけば、

家電エコポイント制度は3月末を待たずに打ち切られる。

ただ、エコポイントの付け方を半減させた12月以降、

対象商品の売れ行きが前年割れとなっているため、

予算不足にならない可能性が高いという。

12月のポイント申請件数は、

11月の駆け込み購入の分が含まれているため、

11月より33万件増の376万件になった。

発行したポイントがどの商品を購入して得られたかをみると、

薄型テレビが11月日133億円増の498億円、

冷蔵庫とエアコンは11月よりわずかに減った。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月18日 09:23 | | コメント (0) | トラックバック (0)

土地の貸主は更新を拒めないのか

借地の更新にあたり

賃貸人に「正当な事由」があれば更新を拒絶できます。

では、どのようなことが「正当な事由」となるのでしょうか?

過去の賃料その他の金銭の支払い状況は判断材料になります。

更新料の支払いは、借地人に有利な事情として考慮されますが、

更新料を支払う合意や慣習がなければ借地人には

更新料の支払い義務はないというのが判例です。

また、更新後の賃料増額に応じなくても

更新が認められないと言いうことはありません。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月25日 09:49 | | コメント (0) | トラックバック (0)

遺産はどうやって分ける

 

遺言で遺産の分割方法が指定されている場合はそれに従いますが、

遺言書のない場合は、

相続人全員による遺産分割協議が必要となります。

普段から相続人同士の付き合いがあれば良いのですが、

現実には被相続人の戸籍調査によって

突如見知らぬ人間が「相続人」として現れることがあります。

そのような場合電話などで

遺産分割協議についての打ち合わせができないこともありえます。

そして手紙を出しても、応答がないことも考えられますよね。

そんな場合は相続人全員に内容証明郵便で

遺産分割協議の申し入れを行うのもひとつの方法です。

それから、その内容証明にも応答がない場合は、

遺産分割協議ができないことになり、

そのことをもって、

家庭裁判所に遺産の分割を請求できます。

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年1月31日 09:14 | | コメント (0) | トラックバック (0)

このページの上へ

記事検索

 

アーカイブ

士業ねっと!動画配信中 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 無料メール相談

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム お問合せフォーム

購読する このブログを購読