遺産相続手続き・遺言書作成、内容証明郵便の作成代行、帰化許可申請書類作成の相談所

遺言・相続,成年後見の相談所 TOP横浜 行政書士ブログ > 亡き夫がサラ金に借金していた

« 家具や食器も相続財産になる | メイン | 相続放棄期間の3か月って絶対的なのか »

亡き夫がサラ金に借金していた

行方の知れない夫の死亡の通知を受けたのち、

某サラ金から、夫の借金につき返済の督促を受けた、

このような場合どうしたらよいのでしょうか。

これについて、以下のように母と子の話し合いがありました。

 

母親 10年ほど前に勝手に家を飛び出して

    行方の知れなかったお父さんが死んだと知らせがあったわ。

    はっきりはわからないけど、サラ金からだいぶ借りていたみたいよ。

    この家も借家だし、お父さんの財産は貯金もほとんどないし、

    お父さんの借金を背負い込むなんてとんでもないわ。

 

娘  「相続放棄」すれば借金を背負わなくてすむわ。

   相続開始後3ヶ月以内に「相続放棄」を家庭裁判所に申し出れば、

   最初から相続人でないことになるから、

   借金も何も受継ぐことはないわよ。

 

母 でも、サラ金から何か言われないかしら。

 

娘 大丈夫よ。サラ金からは何も言われることは無いわよ。

 

この話についての判例があります。

相続の放棄は、それにより相続債権者に損害を与えることを

目的としていたとしても、権利の濫用とならない。(最判S42.5.30)

 

 

 

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年12月 1日 11:05 |

« 前の記事 | 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shimizu-gyosei.jp/mt/mt-tb.cgi/579

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




記事検索

 

アーカイブ

士業ねっと!動画配信中 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 無料メール相談

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム お問合せフォーム

購読する このブログを購読