遺産相続手続き・遺言書作成、内容証明郵便の作成代行、帰化許可申請書類作成の相談所

遺言・相続,成年後見の相談所 TOP横浜 行政書士ブログ > 後見人としてお世話している方がなくなりました

« 法定後見制度は3種類 | メイン | 相続放棄は取り消すことができるのか »

後見人としてお世話している方がなくなりました

12月13日未明、被後見人(私が後見人としてお世話している方)が

亡くなったと、その方が入院していた病院から電話がありました。

2年近くお付き合いしていた方なので残念ですが、仕方がありません。

とりあえずは後のことを相談するために、病院に駆けつけました。

親族の方は遠方にしかいませんので、

葬儀その他をどうするかを電話で話しましたが、

なかなか結論が出せませんでした。

あまり長時間遺体を病院に置いておくわけにもゆきませんので、

親族に了解を求めて、病院の近くの葬儀社に遺体を運ぶことにしました。

そこで打ち合わせをして、あとは親族の方に連絡先を伝え判断をお任せし、

私は事務所に戻りました。

すると、その日の夕刻近く親族の方から明12月14日荼毘にふすのことにしたので、

その時「今後の手続等について説明を聞きたいので、同席してほしい。」

旨のご依頼を受けご一緒しました。

御親族の方お一人と私で、火葬場で骨上げを行いました。

そののち、今後の遺産整理手続についてご説明した処、

相続人が兄弟姉妹と甥姪となるので戸籍調査に要する労力が多大であり、

遠距離のためとても自身ではできないとことで、

死後の手続一切のご依頼を受けました。

そのためこの一週間区役所、銀行ほかを駆け回りました。

まだまだ、戸籍の調査に時間がかかると思いますが、

とりあえず一段落ついたところです。

そのような訳で、このブログをしばらく書いていませんでしたが、

今日からまた書き始めますので、よろしくお願いいたします。

 

投稿者: 清水行政書士 日時: 2011年12月22日 09:31 |

« 前の記事 | 次の記事 »

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.shimizu-gyosei.jp/mt/mt-tb.cgi/583

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




記事検索

 

アーカイブ

士業ねっと!動画配信中 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 無料メール相談

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム お問合せフォーム

購読する このブログを購読